読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

share note

seize the day

料理の最後の決め手はあなた

 

現代人は本当にしっかり食事をしているだろうか。

 

だいたいは"ながらぐい"である。

 

何かをしながら、ついでに口に食べ物を運びとりあえず腹を満たしている。

 

食事ではなく、その"何か"がメインとなってしまっているのである。

 

そのことに気づき、食事をするときには食事だけに集中する。

一瞬たりとも、味を逃すまいと集中する。

隅々まで味わうのだ。

 

そうすると、食べ慣れた味でさえ顔がにやけるほど美味しくなる。

まるで口に入れた瞬間、速攻で高級料理に変わってしまったかのように。

 

"ホームレス中学生"では

白米を噛み続けると、味の向こう側にたどり着くと言う。

 

とある弁護士は

毎日同じ物を食べても、常に美味しい。飽きない。なぜなら、昨日食べた味を忘れているからだ。と言っていた。彼は記憶をコントロールする重要性を述べていた。

 

いつだって目の前にあるのは、美味しい食べ物ではない。

美味しく食べるのも自分の心がけ次第なのだ。

常にその姿勢が料理の美味しさを決める。